日経ビジネス 2006/07/17号

短期連載 フィーチャ− これで解決!草の根IT活用術——2
高齢者医療 編 今あるITが医療現場を救う なにがなんでも最先端の非常識、身の丈医療の新常識

 厚生労働省の推計によれば、日本の国民医療費の総額は2025年度には56兆円にも達する。2003年度の31兆5375億円に比べると2倍近い重荷が人口減社会ニッポンにのしかかることになる。高齢者医療にかかる費用の増加は特に著しく、75歳以上の医療費は2003年度の8兆5371億円から2025年度には25兆円へと約3倍に膨れ上がる見通しだ。(124〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5819文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療・製薬向け情報システム
情報システム > 特定業務システム > 医療・製薬向け情報システム
update:19/09/24