日経エレクトロニクス 2006/07/17号 別冊

電子産業35年の軌跡 1970年代のエレクトロニクス産業
世界初のマイクロプロセサ「4004」 蓄積プログラム方式の採用で,新時代開く

 「米インテル社がマイクロコンピュータと称される初めての製品4004を出して,世の注目を集めたのは1971年であった。その後の,マイクロコンピュータ技術の急速な発展と,広範な分野に適用されていった姿は,実に驚くばかりである。図1を見ていただきたい。今回本誌が調査したものだけでも,20種を超える機種が現在入手可能な状況にある。(100〜101ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3416文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
電子産業35年の軌跡(21ページ掲載)
年表
特集 「個」から始める電機の復権(89ページ掲載)
「個」から始める電機の復権 技術者不足と向き合う
特集 「個」から始める電機の復権(90〜91ページ掲載)
相次ぐイノベーション宣言, その裏で深刻化する技術者不足
特集 「個」から始める電機の復権(92〜95ページ掲載)
「電気離れ」に直面する大学 数年後には企業への影響も
電子産業35年の軌跡 1970年代のエレクトロニクス産(95ページ掲載)
1970扉
特集 「個」から始める電機の復権(96〜101ページ掲載)
第2部<個人編> 広がるキャリア・パス 今こそ将来設計
電子産業35年の軌跡 1970年代のエレクトロニクス産業(96〜99ページ掲載)
1970年代のエレクトロニクス産業 産業構造の激変期 「硅石器時代」が幕を開ける
電子産業35年の軌跡 1970年代のエレクトロニクス産業(100〜101ページ掲載)
世界初のマイクロプロセサ「4004」 蓄積プログラム方式の採用で,新時代開く
電子産業35年の軌跡 1970年代のエレクトロニクス産業(102〜103ページ掲載)
PDPの開発 壁掛けテレビの夢に 30年かけてたどり着く
特集 「個」から始める電機の復権(102〜107ページ掲載)
国も企業も立ち上がる まずは「人づくり」
電子産業35年の軌跡 1970年代のエレクトロニクス産業(104〜105ページ掲載)
液晶ディスプレイの実用化 10年ごとに新市場 幸運な表示デバイス
電子産業35年の軌跡 1970年代のエレクトロニクス産業(106〜107ページ掲載)
インターネットの源流「ARPANET」 汎用機の時代に 今も続く枠組みを作る
特集 「個」から始める電機の復権(108〜109ページ掲載)
日本を支えるのは技術 高い水準の研究・開発で求心力を
電子産業35年の軌跡 1970年代のエレクトロニクス産業(108〜109ページ掲載)
CCDの開発  フィルム・メーカーが 記事にクレーム
特集 「個」から始める電機の復権(110〜115ページ掲載)
企業のリストラがひと段落 技術者に安定志向が見え隠れ
電子産業35年の軌跡 1970年代のエレクトロニクス産業(110〜111ページ掲載)
ベータ対VHS 基本録画時間の違いが 明暗を分ける
電子産業35年の軌跡 1970年代のエレクトロニクス産業(112〜113ページ掲載)
垂直磁気記録 磁気記録に 未来を与え続けた発明
電子産業35年の軌跡 1970年代のエレクトロニクス産業(114〜115ページ掲載)
ICの信頼性 DRAMのソフト・エラー 驚愕のメカニズム
電子産業35年の軌跡 1970年代のエレクトロニクス産業(116〜117ページ掲載)
超エル・エス・アイ技術研究組合 国家プロジェクトが残した 成功体験の光と影
電子産業35年の軌跡 1980年代のエレクトロニクス産業(123ページ掲載)
80年代扉
電子産業35年の軌跡 1980年代のエレクトロニクス産業(124〜127ページ掲載)
1980年代のエレクトロニクス産業 基礎研究に走った日本企業 欧米は大学・ベンチャー主体に
電子産業35年の軌跡 1980年代のエレクトロニクス産業(128〜129ページ掲載)
RISCの登場 旋風を巻き起こした 新アーキテクチャ
電子産業35年の軌跡 1980年代のエレクトロニクス産業(130〜131ページ掲載)
光ファイバ通信 集積回路と対を成す 「硅石器時代」の牽引役
電子産業35年の軌跡 1980年代のエレクトロニクス産業(132〜133ページ掲載)
IBM産業スパイ事件 互換機ビジネスめぐる 日米の駆け引き
電子産業35年の軌跡 1980年代のエレクトロニクス産業(134〜135ページ掲載)
DESとRSA 現在の暗号技術の基礎 1970年代後半に確立
電子産業35年の軌跡 1980年代のエレクトロニクス産業(136〜137ページ掲載)
GUIとパソコン Macintosh誕生 GUI時代が始まる
電子産業35年の軌跡 1980年代のエレクトロニクス産業(138〜139ページ掲載)
32ビット・マイクロプロセサ 情報処理の新時代を 切り拓いたプロセサ
電子産業35年の軌跡 1980年代のエレクトロニクス産業(140〜141ページ掲載)
高温超電導の発見 世紀の発見から20年 ブレークスルーの先には
電子産業35年の軌跡 1980年代のエレクトロニクス産業(142〜143ページ掲載)
日米半導体摩擦 92年末に山場 強引に20%をクリア
電子産業35年の軌跡 1980年代のエレクトロニクス産業(144〜145ページ掲載)
TRON 組み込み分野に貢献 電脳都市は画餅に
電子産業35年の軌跡 1980年代のエレクトロニクス産業(146〜147ページ掲載)
世界初のノート・パソコン 液晶ディスプレイやHDD 電池などの周辺産業を育成
電子産業35年の軌跡 1990年代のエレクトロニクス産業(149ページ掲載)
1990扉
電子産業35年の軌跡 1990年代のエレクトロニクス産業(150〜153ページ掲載)
1990年代のエレクトロニクス産業 ユビキタス時代への滑走路 家庭も個人もネットにつながる
電子産業35年の軌跡 1990年代のエレクトロニクス産業(154〜155ページ掲載)
オール・デジタルの地上HDTV放送の提案 放送のデジタル化の始まり メディア融合に帰結
電子産業35年の軌跡 1990年代のエレクトロニクス産業(156〜157ページ掲載)
WWWとインターネットの発展 情報の共有空間から 現実を映す鏡へ
電子産業35年の軌跡 1990年代のエレクトロニクス産業(158〜159ページ掲載)
半導体に見る日本メーカーの凋落 信念と執念を持った 企業のみが生き残る
電子産業35年の軌跡 1990年代のエレクトロニクス産業(160〜161ページ掲載)
青色LEDの発明 初対面の 中村修二に言ったこと
電子産業35年の軌跡 1990年代のエレクトロニクス産業(162〜163ページ掲載)
通信ネットワークのマルチメディア化 通信がATMで見た夢を 叶えて魅せたインターネット
電子産業35年の軌跡 1990年代のエレクトロニクス産業(164〜165ページ掲載)
スチル・カメラとビデオが「デジタル」に 消費者に受けるのは何か 本質を問われた家電製品
電子産業35年の軌跡 1990年代のエレクトロニクス産業(166〜167ページ掲載)
DVDの開発 寸前で分裂を回避 その教訓は生きたのか
電子産業35年の軌跡 1990年代のエレクトロニクス産業(168〜169ページ掲載)
プリウスの登場 151万人が見た「先駆け」 クルマの電子化が加速
電子産業35年の軌跡 1990年代のエレクトロニクス産業(170〜171ページ掲載)
Google社誕生 既存の事業モデルを崩す Web 2.0の象徴的存在
電子産業35年の軌跡 1990年代のエレクトロニクス産業(172〜173ページ掲載)
iモード 携帯電話機が コンピュータへ変身
電子産業35年の軌跡 2000年代のエレクトロニクス産業(175ページ掲載)
2000年代トビラ
電子産業35年の軌跡 2000年代のエレクトロニクス産業(176〜179ページ掲載)
2000年代のエレクトロニクス産業 デジタル家電時代の幕開け そしてネットに
電子産業35年の軌跡 2000年代のエレクトロニクス産業(180〜181ページ掲載)
プレイステーション 2 ムーアの法則と ともに進化
電子産業35年の軌跡 2000年代のエレクトロニクス産業(182〜183ページ掲載)
携帯機器向け燃料電池 「ソニー参入」で火が付く クルマから携帯に主役移行
電子産業35年の軌跡 2000年代のエレクトロニクス産業(184〜185ページ掲載)
無線タグとユビキタス 現実と仮想をつなぐ ゴマ粒大の“コンピュータ”
電子産業35年の軌跡 2000年代のエレクトロニクス産業(186〜187ページ掲載)
iPodとiTMS 汎ネット時代を迎えた デジタル家電の行く先
電子産業35年の軌跡 2000年代のエレクトロニクス産業(188〜189ページ掲載)
SED 誰もが認める高画質 独自性を貫く
電子産業35年の軌跡 2000年代のエレクトロニクス産業(190〜191ページ掲載)
「中村裁判」の波紋 職務発明は誰のもの 企業と社員の関係変える
電子産業35年の軌跡 2000年代のエレクトロニクス産業(192〜193ページ掲載)
競争力の源泉 際立つ部材力に 技術・経営を学ぶ
電子産業35年の軌跡 2010年以降を目指して(196〜199ページ掲載)
2010年以降を目指して 主役は機器からサービスへ 価格競争より独り勝ち
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > CPU・マイコン
【記事に登場する企業】
米インテル社
update:18/07/30