日経エレクトロニクス 2006/07/17号

What’s New
マルチバンド・ケータイ狙い 小型の可変RF増幅器試作
MEMSスイッチで対応周波数を切り替え

 NTTドコモは,一つの増幅素子で900MHzから5GHzまでの四つの周波数帯域(バンド)に対応できる可変RF増幅器を試作した(図1(a))。同社が2004年9月に発表した回路の改良版で,切り替え可能なバンド数を2種類から4種類に増やし,従来方式では4バンド対応品で30.6mm必要だった伝送線路の長さを13.8mmまで短縮して回路のサイズを小型化した1)。(42ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1386文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > その他(エレクトロニクス製造)
車・機械・家電・工業製品 > ナノテクノロジー > ナノデバイス・MEMS
【記事に登場する企業】
NTTドコモ
update:18/07/30