日経エレクトロニクス 2006/07/17号

NETs Buyers’ Guide 照度センサ
迷わない部品選び●照度センサ 人の視感度に迫る製品が続々 外形寸法や出力形式に差異

照度センサは,可視光の有無や強度を検知して,照明や液晶パネルなどの明るさを自動調節するといった目的で利用されている。赤外線領域の感度を抑制している点で,Siフォトダイオードなど光センサ一般とは区別されている。こうした用途には従来,安価であることから「CdSセル」が用いられてきたが,Cd(カドミウム)を含むため,RoHS指令で欧州などでは2006年7月に使用禁止になった。(136〜143ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7681文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他電子部品 > その他電子部品
【記事に登場する企業】
米Avago Technologies
update:19/09/26