日経ビジネス 2006/07/31号

時流超流・トレンド 資源烈烈
トヨタ、松下が進める環境戦略の深謀遠慮 原油高でバイオ燃料に脚光

 タイ現地法人トヨタモータータイランドが総額1060万バーツ(約3200万円)を投じ、タイ石油公社や現地の大学と共同で「ヤトロファ」の研究に乗り出すこのプロジェクトは、国王ラーマ9世が音頭を取る。荒地に育つヤトロファは植物油の原料として期待されるが、食用には適さず、これまで活用する術がなかった。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3092文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > エネルギー資源・燃料
医療・バイオ > バイオ技術 > その他(バイオ技術)
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > エネルギー資源・燃料
【記事に登場する企業】
タイ・トヨタモータータイランド社
update:19/09/24