日経ビジネス 2006/07/31号

老舗変革の研究 企業
高島屋 しがらみにも断ち方がある

 3年間の改革を振り返り、「まだまだ」を連発していた高島屋社長、鈴木弘治の口元が、少しだけ緩んだ。「高崎店の業績賞与は他店より伸びが高かったですね」と質問した時のことだ。 今年6月に支給した2006年の上期賞与。その中で高崎店は、岡山店とともに、前年比の支給実績が他店より1ポイント高かった。(52〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8866文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
高島屋
update:19/09/24