日経ビジネス 2006/07/31号

小さなトップランナー 企業
インパック(生花包装材料・機器の製造・販売) 花束の華やかさを演出

 日本全国で流通する花の量は近年、横ばい、ないし微減傾向にある。減少の主な原因は、冠婚葬祭などの業務用の需要が減少したこと。一方で、街の生花店やスーパーなどで販売される家庭用の花の需要は伸びている。農林水産省は、家庭の需要に合った花、例えば日持ちする花や新種の花の開発が進めば、市場拡大の余地はあると見ている。 花は多くの場合、花束として販売される。(68〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3080文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
インパック
update:19/09/24