日経ビジネス 2006/07/31号

本 著者に聞く パーソナルライフ
奥村 宏 氏[株式会社研究家、元中央大学教授] 空疎なCSR論に異議
『株式会社に社会的責任はあるか』

 ——このところ議論が盛んなCSR(企業の社会的責任)に対して、真正面から疑問を投げかけています。 企業が社会的に善いことをして、しかも儲かる。実現できるなら、これほどうまい話はないわけですが、それは本当なのかという疑問を感じていました。(85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1623文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
update:19/09/24