日経エレクトロニクス 2006/08/14号

What’s New
地デジのコピー・ワンス 複製制限の緩和で調整へ
権利者はEPNへの反対姿勢を崩さず

 地上デジタル放送のすべての放送番組は,「コピーワンジェネレーション」の取り扱いとなっているが,これらを「EPN」の取り扱いとしていく方向で検討し,2006年12月までの可能な限り早期に,その検討状況を公表すること──。情報通信審議会は2006年8月1日,「地上デジタル放送の利活用の在り方と普及に向けて行政の果たすべき役割」(平成16年 諮問第8号)の第3次中間答申を総務省に…(28〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2867文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 著作権管理・違法コピー防止*
通信・ネットワーク・放送 > 放送サービス > 地上波テレビ放送
【記事に登場する企業】
情報通信審議会
update:19/09/26