日経エレクトロニクス 2006/08/14号

Keyword
ミッキーマウス保護法 [Mickey Mouse Protection Act]
国際競争の名の下に延びる著作権の保護期間

 2006年7月11日,東京地方裁判所(高部眞規子裁判長)は映画界で「53年問題」と呼ばれてきた著作権法の解釈問題に初めて司法判断を下した。大手映画会社の米Paramount Pictures Corp.が著作権を保有すると主張している「ローマの休日」と「第十七捕虜収容所」の2作品について,廉価版DVDの販売差し止めを求めた仮処分申請を,却下する決定をした。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1426文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > その他(知的財産・特許)
update:19/09/26