日経エレクトロニクス 2006/08/14号

Leading Trends
緑色LEDの発光効率を高める GaN結晶の成長面を変えて挑戦

 液晶テレビや発光ダイオード(LED)ディスプレイ,プロジェクタなどの光源として用いられている赤色(R),緑色(G),青色(B)といったLED。これらのLEDで輝度が高く,ホワイト・バランスが取れた白色を作るためには,人間の視感度を考慮してRGBのLEDの光量を約3対6対1あるいは約3対7対1の割合にする場合が多い。つまり緑色LEDの高出力化が必要となる。(65〜70ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7944文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 光デバイス製品・技術 > 発光ダイオード(LED)
update:19/09/26