日経ビジネス 2006/09/04号

時流超流・トレンド
ディーゼル、脱公害で再出馬 ダイムラーに続き、VW、ホンダも投入へ

 石原慎太郎・東京都知事が1999年に、黒い粉塵が詰まったペットボトルを振りかざして「ディーゼル車NO作戦」を展開してから、すっかり負のイメージが定着したディーゼル車。 ディーゼル車が排気管から黒煙を排出し、大気汚染を引き起こしていることが社会問題となり、排ガス規制が強化された。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1535文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > 新型・モデルチェンジ・販売体制
update:19/09/24