日経アーキテクチュア 2006/09/25号

特別座談会 「仕事になる」「楽しい」 環境建築時代が
「仕事になる」「楽しい」環境建築時代が来る。提案力が試されている
特別座談会

環境配慮の提案力を設計者の選定時に優先する。「環境配慮契約法」と仮に呼ぶアイデアを、環境派の議員が温めている。国が率先し、地方自治体や民間に広げ、地球温暖化対策を推進する。政策や経済とかみ合って動いていけば、環境配慮の取り組みが建築や街の魅力を上げる。そのソフト(知恵)にこそ”買い手”のつく時代が来る。(26〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8452文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > その他(建設・不動産) > その他(建設・不動産)
update:18/07/30