日経アーキテクチュア 2006/09/25号

住宅特集1 プランから考えるペット共生
プランから考える ペット共生
当たり前になる犬猫同居の条件

「ペット共生住宅の設計は特殊な仕事だ」などと思っていたら、時代から取り残されるかもしれない。飼い犬と飼い猫を合わせたペット数は2003年に14歳以下人口を上回った。いまや、子どもと同居する世帯よりもペットを飼っている世帯のほうが多いのが現実だ。「ペット部屋を設計して」という依頼も、現実のものとなっている。(62〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:623文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
住宅特集1 プランから考えるペット共生(62〜63ページ掲載)
プランから考える ペット共生
住宅特集1 プランから考えるペット共生(64〜75ページ掲載)
池田の家(大阪府池田市) 住み手と飼い犬の生活空間を分離
住宅特集1 プランから考えるペット共生(76〜77ページ掲載)
犬猫を飼う世帯は合計2000万世帯
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > 商業建築設計・デザイン
建設・不動産 > 建設・建築 > 商業建築設計・デザイン
update:18/07/30