日経アーキテクチュア 2006/09/25号

住宅特集1 プランから考えるペット共生
犬猫を飼う世帯は合計2000万世帯
動向●ペット共生の実態 子どもと同居する世帯数を上回る

 特集の冒頭のグラフで示したように、0〜14歳の年少人口は2005年で約1800万人なのに対し、飼い犬と飼い猫の合計数は約2500万頭。ペットの数が子どもの数を大きく上回っている。 世帯数ベースでみると、ペットの飼育が当たり前になってきた状況がさらによくわかる。ペットを飼っている世帯はわが国の全世帯数の42%、2045万世帯に及ぶ。(76〜77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2227文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
住宅特集1 プランから考えるペット共生(62〜63ページ掲載)
プランから考える ペット共生
住宅特集1 プランから考えるペット共生(64〜75ページ掲載)
池田の家(大阪府池田市) 住み手と飼い犬の生活空間を分離
住宅特集1 プランから考えるペット共生(76〜77ページ掲載)
犬猫を飼う世帯は合計2000万世帯
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 不動産事業 > 不動産事業の市場・業界動向
建設・不動産 > 建設・不動産の市場・業界動向 > 不動産事業の市場・業界動向
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > 不動産事業の市場・業界動向
update:18/07/30