日経アーキテクチュア 2006/09/25号

住宅特集2 京町家復権
京町家復権
防火性能の確保で伝統工法の利用範囲が広がる

京都には現在、2万軒弱の町家が残っている。この京町家を舞台に、伝統的町並みや伝統的工法を見直す動きが活発になってきた。2004年7月の国土交通省告示「伝統的工法による外壁や軒裏の構造方法」によって、準防火地域内で伝統的な町家を建てる道が開かれた。こうした動きを支えているのは、何とかして古い町並みを残し、生かしていこうとする人々の熱意だ。(78ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:377文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
住宅特集2 京町家復権(78ページ掲載)
京町家復権
住宅特集2 京町家復権(79〜87ページ掲載)
準防火地域に伝統的な京町家
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 住宅・施設向け防犯・防災 > 住宅・施設向け防犯・防災
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅・施設向け防犯・防災
update:18/07/30