日経ビジネス 2006/09/25号

時流超流・トレンド どうする日本
安倍新政権、「経済は側近議員、教育・憲法は自ら」 布陣は分業、長期政権なるか

 戦後最長、7年8カ月の長期政権を保った佐藤栄作には、側近や学者を柱にした政策ブレーングループ「Sオペレーション」があった。 官僚嫌いの三木武夫は学者を重用し、衆参同日選挙の渦中に非業の死を遂げた大平正芳は学者・有識者を中核とした9つの政策研究グループを立ち上げていた。(6〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6145文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
update:19/09/24