日経ビジネス 2006/09/25号

小さなトップランナー 企業
精興園(菊の品種開発) 選びに選んだ品種を世界に

 国内で1年間に消費される花は約60億本に上り、そのうち菊は約3分の1を占める。日本では葬儀や法事に使われるイメージが強いが、欧米では観賞用やブーケ作りなどにも用いられ、バラやカーネーションとともに「3大切り花」と称される。 菊の品種開発は江戸時代から行われてきた。現在、約8000品種が記録として残っており、そのうち約5000品種以上を開発してきた会社が広島県にある。(82〜83ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3009文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
精興園
update:19/09/24