日経ビジネス 2006/09/25号

技術フロンティア フィーチャー
新ディーゼル車 黒煙の低減で汚名返上
ダイムラークライスラー、ボッシュ

 20世紀と21世紀の境をまたいで、大きく変貌を遂げた乗用車がある。ディーゼル車だ。 20世紀に日本で発売されていたディーゼル車は、黒煙をまき散らし、大気汚染の元凶として問題視されていた。 1999年に石原慎太郎・東京都知事が「ディーゼル車NO作戦」を展開し、負のイメージが定着。それ以降、日本では、商用車以外にディーゼル車をほとんど見なくなった。(152〜154ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4267文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > エンジン・モーター
【記事に登場する企業】
ダイムラー社
update:19/09/24