日経アーキテクチュア 2006/10/09号

ニュース 姉歯被告の非関与物件で偽造が3件、誤りが
構造計算書偽造問題 国交省が姉歯事件の主要関係者5者の関与物件への調査を取りまとめ姉歯被告の非関与物件で偽造が3件、誤りが5件

 国土交通省は9月20日、昨年11月に発覚した構造計算書偽造問題で、姉歯秀次被告が構造計算書を偽造したと疑われる物件の耐震性の検証結果を確定した。検証した205件中、偽造が認められたのは99件。そのうち78件は耐震強度が不足していた。 このほか、木村建設など主要関係者4社の関与した物件に関して、設計図書や構造計算書を調査した結果を発表した。(36ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1983文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
update:18/07/30