日経アーキテクチュア 2006/10/09号

特集 迫り来る大老朽化時代
対症療法から計画保全へ
動き出す発注者

「トラブルが起きてから直す」ことが常態化している公共建築の維持保全。大量の建築物が老朽化を迎える今後は、対症療法的な手法では通用しない。先進的な自治体は、財政負担の平準化を図るため、計画保全へ転換しようとしている。耐久性を確保するだけでなく、ニーズの変化へ対応する視点も不可欠になってきた。(58〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4184文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 迫り来る大老朽化時代(46〜51ページ掲載)
迫り来る 大老朽化時代
特集 迫り来る大老朽化時代(52〜57ページ掲載)
前川ディテールの明と暗
特集 迫り来る大老朽化時代(58〜61ページ掲載)
対症療法から計画保全へ
特集 迫り来る大老朽化時代(62〜64ページ掲載)
荒廃を回避するために
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > その他(建築トラブル)
update:18/07/30