日経アーキテクチュア 2006/10/09号

技術ニュース/フォーカス・新技術・IT 鉄鋼連盟がH形鋼の品質向上を提案
寸法はJASS6準拠、SSの炭素当量を公表
鉄骨 鉄鋼連盟がH形鋼の品質向上を提案

 H形鋼の寸法精度をより厳密に管理し、鋼材の品質をもっと詳しく表示する必要がある──。主要鋼材メーカーと流通加工企業などを会員とする日本鉄鋼連盟は9月15日、「建築構造用鋼材の品質のあり方について」を発表した。建築構造用鋼材の品質の信頼性を確保するよう鋼材メーカーに提案するものだ。(104〜106ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2779文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > 金属材料
ビズボードスペシャル > 素材 > 金属材料
update:18/07/30