日経トップリーダー 2006/11/01号

特集 若手を辞めさせるな
若手を 辞めさせるな
強い会社の 新条件は 低離職率

入社したばかりの若手社員が数年で会社を辞めてしまう——。そんな傾向に歯止めが掛からない。今や、大卒新入社員の3人に1人は3年以内に退職する。「今どきの若者は飽きっぽいから仕方がない」と半ばあきらめ顔の経営者も多いはずだ。しかし、高い離職率は、採用コストの増加や業務の混乱を招き、技術やノウハウの継承が難しくなるため、会社を衰退に導く。(33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:389文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 若手を辞めさせるな(33ページ掲載)
若手を 辞めさせるな
特集 若手を辞めさせるな(34〜36ページ掲載)
あの藤田晋が 「離職率の 低下」に こだわる理由
特集 若手を辞めさせるな(37〜39ページ掲載)
高離職率を放置すれば、 会社は確実に 衰退する
特集 若手を辞めさせるな(40〜47ページ掲載)
「笑顔」や「元気」も評価し、 全社員をスター にする
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:19/09/24