日経ビジネス 2006/11/06号

特集 企業内 “多重債務者”の悲鳴 管理職が壊
企業内 “多重責務者”の 悲鳴 管理職が壊れる

部下の人事評価、セクハラ・パワハラ対策、情報管理、内部統制…。中間管理職が“多重責務”に押し潰されそうになっている。仕事が増えても給料は上がらず、やる気はどの階層よりも低下する。生気のない上司を見て、若手は「管理職にはなりたくない」と言い出した。組織を支える「ゼネラリスト」の崩壊。日本企業の新たな危機だ。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:259文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

この特集全体
特集 企業内 “多重債務者”の悲鳴 管理職が壊(26〜27ページ掲載)
企業内 “多重責務者”の 悲鳴 管理職が壊れる
特集 企業内 “多重債務者”の悲鳴 管理職が壊 第1部(28〜29ページ掲載)
病は組織を静かに蝕む
特集 企業内 “多重債務者”の悲鳴 管理職が壊 第2部(30〜33ページ掲載)
管理職なんか やってられない なりたくない
特集 企業内 “多重債務者”の悲鳴 管理職が壊 第3部(34〜37ページ掲載)
管理職を再生せよ
特集 企業内 “多重債務者”の悲鳴 管理職が壊 第4部(38〜39ページ掲載)
悲鳴に気づかぬ「罪と罰」
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
update:14/03/28