日経ビジネス 2006/11/13号

技術フロンティア フィーチャー
身近な発電装置 人の動作を電気に変える
東日本旅客鉄道、伊藤忠商事

 JR東京駅の丸の内北口を通る機会があれば、改札機の下を見ていただきたい。ほかの駅では見られない黒いゴムマットが敷かれているはずだ。 実はこのマットの内側には、利用客が歩行時に発生するエネルギーを活用する新しい発電装置が隠されている。10月16日から東日本旅客鉄道(JR東日本)が実用化に向けた実験を始めた「発電床」だ。(88〜90ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3556文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > 発電機
車・機械・家電・工業製品 > 業務用機械・汎用機械 > 発電機
【記事に登場する企業】
伊藤忠商事
JR東日本
update:19/09/24