日経ビジネス 2006/12/04号

時流超流・トレンド 深層
三洋電機、漂流経営のツケ、取引会社も疑心暗鬼 奇妙な協力組織「三洋欅会」

 経営再建中の三洋電機が、今期業績見通しの大幅な下方修正に迫られた。11月24日の決算発表の席上、自らの経営責任を問われた井植敏雅社長は、こう答えるのが精いっぱいだった。 2007年3月期の連結営業利益は当初予想の650億円から350億円へ、最終損益は200億円の黒字から500億円の赤字へと転落する。発表を受けた27日の株価は170円と、年初来安値となった。(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2884文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
三洋電機
update:19/09/24