日経ビジネス 2006/12/04号

立て直しの研究 企業
TCL集団(中国のテレビメーカー) “身の丈”で世界再挑戦

 「鷹(たか)は40歳になって体力が衰えると、自らのクチバシや爪、羽を傷つけて、鮮血をほとばしらせながら、自然に生え変わるのを待つ。5カ月後、新しい羽が生え揃った鷹は再び飛翔し、残り30年の歳月を生きる」 鷹的重生(タカの再生)——。今年6月下旬、中国の大手家電メーカーであるTCL集団の李東生会長兼CEO(最高経営責任者)は、こんな題名の文章をしたためた。(56〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5997文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > その他(経営危機・再建)
【記事に登場する企業】
中国・TCL集団
update:19/09/24