日経エレクトロニクス 2006/12/04号

What’s Inside
シンプルに徹したWiiの設計
例外は入念な電磁雑音対策

 「思ったよりずっと小さい。部品も少ないな」「無理をしている部分が見当たらない」「部品の使い方がツボを押さえている」——。任天堂が発売したゲーム機「Wii」のメイン・ボード(pp.79—94の解説「全貌現したPS3とWii,その開発思想を読み解く」内の写真参照)を見た技術者は,口々にこうした感想を漏らした。(38〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5128文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > ゲーム機 > ゲーム専用機
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 設計(エレクトロニクス)
サービス・流通・生活・文化 > ゲーム > ゲーム専用機
【記事に登場する企業】
任天堂
update:19/09/26