日経ビジネス 2006/12/11号

第2特集 ソフトバンクの賭け 奇襲の裏に計算あり  前半
ソフトバンクの賭け 奇襲の 裏に計算あり 孫正義社長が独白「インフラは僕の夢だった」

 今年4月にボーダフォン日本法人を買収してから約半年。番号ポータビリティー(継続)制度に照準を合わせ、急ピッチで準備してきた新料金は、文字通り「予想外」の反響を呼んだ。 半面、システムの準備不足からトラブルを誘発。「0円」広告も誤解を招くとして自粛するなど、「インフラ事業者としての自覚が足りない」といった批判を浴びている。(50〜53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4473文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
第2特集 ソフトバンクの賭け 奇襲の裏に計算あり  前半(50〜53ページ掲載)
ソフトバンクの賭け 奇襲の 裏に計算あり 孫正義社長が独白「インフラは僕の夢だった」
第2特集 ソフトバンクの賭け 奇襲の裏に計算あり  後半(54〜57ページ掲載)
コンテンツで活路開く
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
ソフトバンク
update:19/09/24