日経ビジネス 2006/12/11号

ビジネス世論 オピニオン
「生殖のビジネス化」に懸念はあるが・・・ 代理出産、65.5%が容認

 病気などで子宮を失った妻とその夫が第三者に子供を産んでもらう「代理出産」の是非について、議論が盛んになっている。今年9月、タレントの向井亜紀さん夫妻が米国での代理出産で授かった双子の出生届について、東京高等裁判所が東京都品川区に受理するように命じたのがきっかけだ。(179ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1049文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
update:19/09/24