日経ビジネス 2006/12/18号

時流超流・トレンド エコカー・ウォーズ
「燃費30%向上」の新規制で罰金、淘汰も 自動車メーカー残り寿命10年?

 今のままのガソリンエンジン車を販売すれば、罰金を支払う日が来るかもしれない——。 自動車会社が危機感を強めるのは、12月15日に国土交通省と経済産業省が合同審議会でまとめる見込みの「燃費規制値を現行値から30%弱引き上げる」という新規制案にある。(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3498文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > その他(車・機械関連のエコロジー)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > エンジン・モーター
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(車・機械関連のエコロジー)
【記事に登場する企業】
国土交通省
update:19/09/24