日経ビジネス 2006/12/18号

本 新刊の森●パーソナルライフ 敵対的買収を生き抜く
大買収時代の防衛策を解説
『敵対的買収を生き抜く』

 2007年5月、三角合併が解禁され、国境を越えたM&A(企業の合併・買収)が加速すると予測される。本書は、企業が敵対的買収からいかに身を守るべきか、敵対的買収を仕掛けられた場合にはどう対応すべきかを考察する。 英ケーブル・アンド・ワイヤレスによる国際デジタル通信買収、米スティール・パートナーズによるサッポロビール買収の試みなど、過去の敵対的買収事例を紹介する。(111ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:636文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
update:19/09/24