日経ビジネス 2006/12/18号

ビジネス世論 オピニオン
冬の賞与に異変? 「ボーナスなし」が2割突破

 大企業を中心とした業績回復傾向を反映し、シンクタンク各社の調査では、主要企業の冬のボーナスが過去最高の支給額となる結果が出ている。今回は、冬のボーナスについて聞いた。 目を引くのは、「ボーナスはない」と回答した人が21.6%と2割を上回ったこと。本誌は昨年も同様の調査を実施したが、昨年の16.7%から約5ポイントも増えた。(162ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1019文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
update:19/09/24