日経ビジネス 2006/12/25号

心と体 診察室 パーソナルライフ
原因が特定できない腰痛を改善

 腰痛人口は全国で1000万人にも上ると言われている。腰痛の原因となる病気には、腰椎椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、骨粗鬆症などがある。骨の腫瘤(しこり)や内臓の病気、鬱病などが原因となることもある。 ところが、X線やMRI(磁気共鳴画像装置)検査で異常がない、あるいは手術をしても腰痛が治らないという患者も多い。(81ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1309文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
サービス・流通・生活・文化 > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
update:19/09/24