日経ビジネス 2007/01/22号

終わらない情報流出 フィーチャー
消えない過去に盲点 水面下で流出が加速。悪意ある攻撃も進化

 「どうしてうちの会社の顧客情報がまた流出したんだ」。2006年11月24日、NTT西日本の情報セキュリティー担当者は、インターネット上で発見したファイルを見て絶句した。同社の鹿児島支店と宮崎支店の3140件の個人と法人顧客の名前と住所、電話番号だったからだ。さらに顧客名と住所を含まない電話番号が約21万件あった。(80〜83ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5779文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
update:19/09/24