日経コンピュータ 2007/02/05号

特集1 導入 IT部門が主役
導入 IT部門が主役 BCPのハードルを引き下げる

 BCPの策定は、全社を挙げて取り組まなければ意味がない。顧客からの注文を受け付けるコール・センター、調達や生産、商品を届ける物流といった各部門の連携があって初めて、事業の継続が実現される。どの業務を優先的に復旧させるのか、そのためには何を準備しておくのかは、全社横断的に情報を整理し、経営判断を含めなければ最終決定を下すことはできない。(46〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6839文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 ビジネスを「止めない」システム(40〜41ページ掲載)
ビジネスを「止めない」システム BCPが企業価値を決める
特集1 圧力 自然災害だけじゃない(42〜45ページ掲載)
圧力 自然災害だけじゃない 社会インフラ障害、感染症、外部からの要求…
特集1 導入 IT部門が主役(46〜51ページ掲載)
導入 IT部門が主役 BCPのハードルを引き下げる
特集1 支援 “見える化”を実現(52〜56ページ掲載)
支援 “見える化”を実現 ITで被害を把握し復旧を早める
特集1 寄稿 ISO標準の有力候補(57〜59ページ掲載)
寄 稿 BCM規格「BS25999-1」
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
update:18/07/30