日経コンピュータ 2007/02/05号

特集2 「持ち出し禁止」はもう古い
「持ち出し禁止」はもう古い 閲覧から印刷まで、文書を完全コントロール

「文書コントロール」を実現するソフトウエア製品が続々登場している。文書ファイルを暗号化した上で、編集やコピー、印刷といった操作の権限をユーザーごとに細かく設定し、制御を可能にする。漏洩の危険性が小さくなるため、機密文書を扱う際の息苦しさが多少は解消されそうだ。(64〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4458文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 「持ち出し禁止」はもう古い(64〜69ページ掲載)
「持ち出し禁止」はもう古い 閲覧から印刷まで、文書を完全コントロール
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 情報暗号化技術・製品
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
update:18/07/30