日経エレクトロニクス 2007/02/12号

What’s New
TI社,32nm世代以降の 論理プロセス開発から撤退
Intel社とIBM社は45nm技術を一新

 半導体業界を激震が襲った。世界第3位の半導体売上高を誇り,携帯電話機の心臓部を事実上支配する米Texas Instruments,Inc.(TI社)が,製造技術の研究開発・製造戦略を大転換させたのである。これまで自社に囲い込んできた,論理LSIに向けた製造技術の開発から,45nm世代を最後に撤退する。(34〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3092文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
【記事に登場する企業】
米テキサス・インスツルメンツ社
update:18/07/30