日経エレクトロニクス 2007/02/12号

Tech Tale 小惑星探査用小型ロボットの作り方(最終回
MINERVAの目覚め

2000年12月。アイ・エイチ・アイ・エアロスペースの齋藤浩明に残された時間はわずかだった。つい数週間前,米National Aeronautics and Space Administration(NASA)は,小惑星探査機「はやぶさ」に搭載する予定だった探査ロボット「MUSES-CN」の開発を断念した。これで齋藤らが手掛ける「MINERVA」がはやぶさに載ることは,ほぼ確実になった。(128〜131ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5903文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > ロボット > その他(ロボット)
【記事に登場する企業】
IHIエアロスペース
update:19/09/26