日経ビジネス 2007/02/19号

スペシャルリポート 見えざる消費 統計には表れぬ活況 第2章
知らないと見誤る 進む消費者、追う統計

 経済産業省が発表した昨年12月の商業販売統計によると大型店販売は2カ月連続の悪化。同様に総務省が発表した消費支出は12カ月連続の前年実績割れ。両調査とも政府や日銀、民間の調査機関などが個人消費の現状をいち早く把握するのに重要な統計だ。ところが調査対象の性格上、いろいろな消費の実態を取りこぼしてしまっている。(54〜55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2602文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
update:19/09/24