日経ビジネス 2007/02/19号

ビジネス世論 オピニオン
頻発する食の安全問題 「不安」が7割に迫る

 消費期限切れの原料を洋菓子に使っていた不二家の事件を発端に、食品を巡る不祥事がまた相次いでいる。一方、宮崎県では鳥インフルエンザが発生するなど、普段口にする食品の安全にかかわる問題が再燃しつつあるように見える。今回は、食の安全に対する意識について聞いた。(171ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1022文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 食の安全
医療・バイオ > 食品衛生 > 食の安全
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食の安全
サービス・流通・生活・文化 > 食品衛生 > 食の安全
update:19/09/24