日経PC21 2007/04号

特集2 オフィス2007「操作のツボ」完全ガイド 第二部(2)
エクセル&ワード、“新”定番操作10 その7〜10

 「見栄えのよい社内マニュアルを手早く作りたい」「研究論文をセンスよく作成したい」──。ワード2007には、そんな希望を実現するDTP顔負けの機能が目白押しだ(図1)。長文作成だけなら2003でもできたが、表紙の専用機能はなく、ワードアートを挿入したり、オートシェイプで図形を挿入するなど“手作り感覚”で時間もかかった(図2)。(80〜83ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4526文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 オフィス2007「操作のツボ」完全ガイド(65ページ掲載)
オフィス2007「操作のツボ」完全ガイド
特集2 オフィス2007「操作のツボ」完全ガイド 総論(66〜67ページ掲載)
基本を学べば「新オフィス」は簡単 
特集2 オフィス2007「操作のツボ」完全ガイド 第一部(68〜73ページ掲載)
30分で覚える新オフィス操作のツボ
特集2 オフィス2007「操作のツボ」完全ガイド 第二部(1)(74〜79ページ掲載)
エクセル&ワード、“新”定番操作10 その1〜6
特集2 オフィス2007「操作のツボ」完全ガイド 第二部(2)(80〜83ページ掲載)
エクセル&ワード、“新”定番操作10 その7〜10
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
update:18/07/30