日経ビジネス 2007/03/05号

時流超流・トレンド
銀座、表参道…次は名古屋 出店攻勢、高級ブランドが熱視線を注ぐ理由

 通りを行き交う若いカップルが思わず足を止める。名古屋駅前、名駅通り。ビルの1〜2階ぶち抜きで仏「カルティエ」、同「ディオール」、同「ルイ・ヴィトン」、スペイン「ロエベ」と4つの大型店が立ち並ぶ。巨大ポスターや限定商品などを展示した全面ガラス張りの店舗は、まさに壮観だ。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1541文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
サービス・流通・生活・文化 > ファッション・衣料 > その他(ファッション・衣料)
update:19/09/24