日経ビジネス 2007/03/05号

第2特集 池の中の鯨、大海へ【為替編】 素人、円相 第2章
民の奔流、日銀も注視 ヘッジファンドを凌駕する個人

 円安が焦点となると見られていた2月上旬の7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議。その1週間前、外国為替証拠金取引大手、ひまわり証券のFX企画部長、遠藤寿保は日銀職員の訪問を受けた。 「今の局面では、個人は(外貨の)買いから入りますか。(48〜50ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4449文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
第2特集 池の中の鯨、大海へ【為替編】 素人、円相 第1章(44〜47ページ掲載)
池の中の鯨、大海へ【為替編】 素人、円相場揺らす
第2特集 池の中の鯨、大海へ【為替編】 素人、円相 第2章(48〜50ページ掲載)
民の奔流、日銀も注視 ヘッジファンドを凌駕する個人
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 為替
【記事に登場する企業】
NTT
update:19/09/24