日経コンピュータ 2007/03/05号

ニュース&トレンド
ICタグ使う企業間連携の標準規格固まる EPCグローバルがEPCISを策定、国内ベンダーに独自の動きも

ICタグ関連技術の標準化団体EPCグローバルが、ICタグにひも付くデータを企業間でやり取りする技術「EPCIS(EPC Information Services)」の仕様を4月にも公開する。NTTデータなども独自のID連携技術を開発。企業をまたぐICタグ利用の基盤が整いつつある。 EPCISの策定により、EPCグローバルが構想する企業間連携のための規格が出そろう。(23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1313文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > RFID(ICタグなど) > ICタグ
【記事に登場する企業】
EPCグローバル
update:18/07/30