日経コンピュータ 2007/03/05号

特集1 サーバー進化論
組んで使うから凄い 基幹系にまで利用が広がる

 「導入する前は全く興味がなかったが、実際に使ってみると、保守・管理が楽。ブレード・サーバーの良さを実感している」。ブレード・サーバーを導入した企業の多くは、その利点をこう評価する。 ユーザー企業が口にするブレード・サーバーの利点は、その独特な構造に由来する。ブレード・サーバーの実態は、様々なモジュール(部品)を組み合わせたシステム(図1)。(40〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1296文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 サーバー進化論(39ページ掲載)
サーバー進化論
特集1 サーバー進化論(40〜41ページ掲載)
組んで使うから凄い 基幹系にまで利用が広がる
特集1 サーバー進化論(42〜49ページ掲載)
ブレード徹底解剖 集積度・拡張性・保守性・仮想化が強さの源
特集1 サーバー進化論(50〜53ページ掲載)
ブレードはまだ過渡期 残る互換性の限界とメーカーの思惑
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > コンピュータ本体 > サーバーマシン
update:18/07/30