日経コンピュータ 2007/03/05号

特集1 サーバー進化論
ブレード徹底解剖 集積度・拡張性・保守性・仮想化が強さの源

これまでのサーバーからの進化をブレードが感じさせるのは、プロセサの集積度や拡張性、保守性、仮想化機能の高さといった点である。現在市場に提供されている主要メーカーの製品を徹底解剖し、いったい他のサーバーとどう違うのかを分析した。 ブレード・サーバーの特徴のなかで、ラックマウント型やタワー型といった他のサーバーとの差が際立つのが、集積度と拡張性の高さである。(42〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6823文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 サーバー進化論(39ページ掲載)
サーバー進化論
特集1 サーバー進化論(40〜41ページ掲載)
組んで使うから凄い 基幹系にまで利用が広がる
特集1 サーバー進化論(42〜49ページ掲載)
ブレード徹底解剖 集積度・拡張性・保守性・仮想化が強さの源
特集1 サーバー進化論(50〜53ページ掲載)
ブレードはまだ過渡期 残る互換性の限界とメーカーの思惑
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > コンピュータ本体 > サーバーマシン
update:18/07/30