日経コンピュータ 2007/04/02号

World IT Watch
Web2.0で「消費者の声」がますます大きくなる電子商取引

 2006年のオンライン販売業界を振り返ると、電子商取引における顧客転換率(Web来訪者が実際に顧客になる確率)の停滞を何とかしようという動きが大きな話題になった。「グーグルチェックアウト」のように、決済や購買プロセスには目覚ましい開発があった一方、ほかの分野の改善は停滞気味で電子決済責任者の関心を集めなかった。(276ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1745文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > EC > その他(EC)
update:18/07/30