日経ビジネス 2007/04/09号

有訓無訓 人
才能は勝手に伸びるもの 「悪い組織」の障害除去を 島村 達雄[日本アニメーション協会理事(白組社長)]

 昭和33(1958)年の東京を舞台にした映画「ALWAYS  三丁目の夕日」で、昭和を懐かしく思い出す人が増えましたね。私にとってもこの年は、大学を卒業して東映動画スタジオに入社した、思い出の年です。映画で描かれた、温かな人と人とのつながりとともに、光と影が今よりもくっきりした時代だったと思います。(1ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1412文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
日本アニメーション
update:19/09/24