日経エレクトロニクス 2007/04/09号

特報 深層
電機メーカー脅かす欧州リスク デジカメ,液晶モニターへの関税に加え,カルテルも相次ぎ摘発

 欧州で今,電機メーカーの経営を揺るがす問題が二つ同時に起きている。第1は関税関連。IT機器への関税をゼロと定めた国際合意「ITA」†に反する動きを欧州連合(EU)が強めている。第2は,競争緩和のために企業が結ぶ取り決めである「カルテル」関連。EUの欧州委員会が内外の電機メーカーを対象にしたカルテルの調査や制裁に次々と乗りだしている。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3500文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
車・機械・家電・工業製品 > AV家電 > その他(AV家電)
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > その他(AV家電)
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 貿易全般
【記事に登場する企業】
欧州委員会(EC)
欧州連合(EU)
update:19/09/26